住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 平屋と2階建てのメリット・デメリットとは?向いている世帯を解説

平屋と2階建てのメリット・デメリットとは?向いている世帯を解説

カテゴリ:不動産ブログ

平屋と2階建てのメリット・デメリットとは?向いている世帯を解説

一戸建ての購入を検討する際、平屋にすべきか2階建てにすべきか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
この記事では、平屋の住宅と2階建て住宅のメリットとデメリットをお伝えしたうえで、それぞれに向いている世帯の特徴を解説します。
どちらがより自分たち家族にふさわしいのか、判断するヒントとしてお役立てください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


平屋のメリット・デメリット

平屋はすべての部屋がワンフロアにまとまっているため、上下階への移動がなく、生活動線がスムーズです。
そのため家事の負担が減り、小さな子どもや高齢者が階段でケガをするリスクがなくなるメリットがあります。
構造的に地震などの揺れに強く、高さもないため風の影響を受けにくい点も大きなメリットです。
一方で、十分な広さを確保しようとするほど広い土地が必要になってしまうデメリットがあります。
建物の背が低いため、周囲の建物や環境によっては日当たりや風通しが悪くなりやすい点にも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
20坪~40坪の土地に建てられる家とは?広さや間取りをご紹介

2階建てのメリット・デメリット

1階と2階に分かれている2階建ては、家族のプライベートな空間を確保しやすいメリットがあります。
たとえば1階はリビングやキッチンなど家族の共有空間を配置しつつ、2階に個室や寝室を割り当てれば、家族のプライバシーにも配慮しやすくなるでしょう。
壁や床のサイズがある程度共通化されている2階建ては、使用する建材が量産されているケースがあるため、建築コストが抑えられる場合があります。
平屋ほどの広い土地も必要なく、土地そのものの選択肢が広がるのも魅力です。
一方で階段の上り下りが必要になるのは、2階建ての大きなデメリットです。
小さな子どもや体の不自由な方にとって負担となる可能性があるうえ、転落事故などのリスクにも対処する必要が出てきます。

▼この記事も読まれています
一戸建ては売るのと貸すのどっちのほうがメリットが多い?

平屋と2階建てが向いている世帯の特徴

平屋が向いているのは、小さな子どもや体の不自由な高齢者がいる世帯です。
階段がない分だけ事故のリスクや移動の負担も少なく、安心して暮らしやすくなります。
バリアフリーを導入する場合も、広さのある平屋のほうが適しています。
2階建てが向いている世帯は、家族同士のプライバシーを大切にしたい場合です。
たとえば両親と同居をする場合や、思春期の子どもがいる場合などは、それぞれのプライバシーを確保しやすい特徴を十分に活かせるでしょう。
広い土地の確保が難しい場合や建築費用を抑えたい場合もおすすめです。

▼この記事も読まれています
一戸建てのインターネット契約方法!種類や期間をご紹介

まとめ

階段のない平屋は生活動線がスムーズな一方、広い土地を必要とする点がデメリットです。
2階建てはプライバシーが確保しやすいものの、階段による事故のリスクや移動の負担増加などのデメリットがあります。
平屋は小さな子どもや高齢者がいる世帯、2階建ては家族同士のプライバシーを重視したい世帯に向いています。
寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK'scompanyにお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|中古マンションを売却する際の内見件数は?成約できないときの対策を解説!   記事一覧   ☆企業体験実習生の方の感想です☆|次へ ≫

トップへ戻る