住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 建築前の建売住宅を契約できるのか?契約の流れやメリットもご説明

建築前の建売住宅を契約できるのか?契約の流れやメリットもご説明

カテゴリ:不動産ブログ

建築前の建売住宅を契約できるのか?契約の流れやメリットもご説明

建売住宅は注文住宅に比べて価格を抑えやすく、完成した建物を見てから購入を判断できる安心感が魅力かもしれません。
ところで、建物が完成するまでの高揚感を感じたい方やキッチンなどを工夫したい場合には、未完成の建売住宅を購入できるのをご存じでしょうか。
この記事では、建築前の建売住宅を契約する流れとメリットをご説明するので、建売住宅を購入予定の方はお役立てください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


建築前の建売住宅を契約する流れ

建築前の建売住宅を購入するケースがありますが、完成して販売される際に他者に先を越されたくなる心理が働くことが理解されます。
建築中でも建築前でも、建築確認を取得している場合には売買契約により購入できます。
なぜなら、建築確認申請済の建物でなければ広告が認められていないからです。
住宅を購入する際には、希望物件の購入を申し込み、売買契約を結んで手付金を支払うと建築工事が始まるのが一般的です。
そのあと、工事完成後に物件をチェックして、建築会社に代金を支払い、住宅の引き渡しを受け引っ越します。
また、住宅ローンを利用する場合には、売買契約の前に仮申請をおこなう必要があります。
建築前の住宅の場合も、基本的には売買契約の流れは同じですが、建築工事の途中で軽微な変更が必要になる場合や、最初に結んだ契約を破棄し、再度契約を結ぶ必要があるケースが発生する可能性があるでしょう。
さらに、住宅ローンの審査では、実物を確認できないため、詳細な図面などが求められる場合があります。
また、工期が予定よりも遅れる可能性も考慮すべき注意点の一つです。

▼この記事も読まれています
マイホームを購入するときの頭金とは?注意点もご紹介

建築前の建売住宅を契約するメリット

建売住宅は一般的に分譲地に建設されます。
分譲地とは、広い敷地を複数の区画に区切り、それぞれを販売する方法です。
各区画の土地の面積や広さが異なります。
たとえば、角地は日当たりが良く、人気が高いため価格が高めに設定されますが、両脇を隣の区画に挟まれた場所は価格が安めになる傾向があります。
建築前に契約する場合は、好みの区画を選ぶことができることがメリットでしょう。
また、建築前であるため、システムキッチンや洗面台、浴室などの設備を好みのデザインに変更できる可能性があります。
内装だけでなく、壁や屋根の色、ベランダ、バルコニー、駐車スペース、庭など、個性を活かした家造りが可能です。
さらに、注文住宅のように建築工事の進捗状況を確認できるため、安心感や達成感を得られるでしょう。
完成した物件では、柱や梁、筋交いなどの骨組みや床下の配管状況を見ることが難しくなりますが、建築工事の進捗に合わせて、ほとんどの工程を把握できるため、マイホームへの愛着が増すかもしれません。

▼この記事も読まれています
不動産購入に適した年収とは?予算の考え方や返済についてご紹介

まとめ

建築前の建売住宅であれば、希望する区画を手に入れられるとともに、設備や外観などで個性をいかすのも可能になります。
気に入った物件をみつけたときには、販売している不動産会社などへ早めに問い合わせてみてください。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK'scompanyにお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|住宅ローン一括返済のメリットと注意点とは?メリットとタイミングをご紹介   記事一覧   築浅マンションの定義とは?購入するメリットやデメリットもご紹介|次へ ≫

トップへ戻る