住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産がゴミ屋敷でも買取できる?買取業者の特徴と依頼するメリットを解説

不動産がゴミ屋敷でも買取できる?買取業者の特徴と依頼するメリットを解説

カテゴリ:不動産ブログ

不動産がゴミ屋敷でも買取できる?買取業者の特徴と依頼するメリットを解説

ゴミだらけの不動産を相続してしまい、処分に困っている方もいるのではないでしょうか。
掃除や片づけをして売却を希望していても、仕事が忙しく時間だけが経過しまうと不安になってしまいます。
本記事では、ゴミ屋敷を買い取りできる買取業者の特徴や依頼するメリットについて解説します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


不動産におけるゴミ屋敷とは

メディアで取り上げられることが多くなったゴミ屋敷ですが、はっきりした定義はありません。
ゴミ屋敷とは、家屋の内部や外部にまでゴミが散乱している、またはゴミが積み上げられている不動産を指しています。
天井に届くまでにゴミが積み上げられていたり、足の踏み場がないくらいに不用な衣類や食器などが積み上げられている状態です。
ゴミ屋敷になる原因はさまざまで、精神的なストレスや複雑な人間関係からの逃避から、空間が広い場所では落ち着かなくなり、物が増えてゴミ屋敷になるケースもあります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したい方必見!心理的瑕疵の影響および告知義務などを解説

ゴミ屋敷の不動産も買い取れる買取業者の特徴

ゴミ屋敷も買い取れる買取業者とは、訳あり物件などを専門的に取引している業者です。
一般的な不動産売却では、家屋の不用品は事前にゴミ清掃業者に依頼し、ある程度内見ができる状態にしてから仲介業者に依頼します。
建物自体に問題はなくても、ゴミだらけの住宅は買主が見つかりにくいからです。
専門の買取業者は、ゴミ清掃業者と提携しているケースが多く、ゴミの撤去や処分費用込みで買取金額を提示します。
ゴミの撤去やリフォームなどを前提に買取しているため、取引がスムーズです。
どのような状態でも買取ってもらえるため、安心感もあります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に知っておくべき減価償却の概要や計算方法を解説

ゴミ屋敷の不動産を買取業者に依頼するメリット

ゴミで埋もれた家を処分するには、ゴミ清掃業者に依頼して不用品を処分し清掃しなければなりません。
その後は、リフォームするか解体して更地にして売却する方法もありますが、ゴミが散乱している住宅は不具合も多く、修繕に高額な費用がかかります。
不動産会社に仲介を依頼しても、清掃をしてゴミを処分しなければ、買主を探せません。
清掃したとしても、長期間ゴミに埋もれている住宅は、どのようなトラブルがあるかわかりません。
売却後に不具合が発見された場合、買主から損害賠償や売買契約金額の減額を買主から請求される可能性もあるでしょう。
専門の買取業者は、修繕やリフォームして売却する目的で購入しています。
そのため、契約不適合責任は免責で合意されやすいのです。
買取業者に依頼すると、売買契約を締結して物件を引き渡すまでの期間(1週間~1か月程度)も短く、売主の負担が軽くなります。

▼この記事も読まれています
旗竿地は売却しにくい?売却する際のポイントを解説!

まとめ

ゴミ屋敷はデメリットが多く、通常よりも売却が難しい物件です。
所有者が自分で処分しようとすれば、費用や時間がかかってしまいます。
訳あり物件を取り扱う業者であれば、ゴミを片づけなくても買取ってくれますので、手間もかかりません。
ゴミがあっても不動産は売却できるため、できるだけ早く売却を進めてください。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|建売住宅が安い理由とは?人件費やスケールメリットを中心に解説   記事一覧   リノベーションの見積もりを取るときの注意点は?事前準備やポイント|次へ ≫

トップへ戻る