住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 「まさか住宅ローンが通らない?過去の借入が影響するって本当?」 ~クレジットの借入・カードローン編~

「まさか住宅ローンが通らない?過去の借入が影響するって本当?」 ~クレジットの借入・カードローン編~

カテゴリ:不動産ブログ

~スマホ・携帯電話編~ はコチラ






住宅購入をする際に住宅ローンを利用される方がほとんどかと思います。


理想の物件を見つけ、いざ住宅ローンを申請!というタイミングで

住宅ローン審査が通らないパターンがあります。


では、どのような理由でローン審査が通りにくくなってしまうのでしょうか?




住宅ローンには以下の審査項目があります。


①年齢

②住所

③年収

④勤務先

⑤勤続年数

⑥社保/国保

⑦借入の有無と額

⑧借入希望額

⑨購入物件情報



ここで注視すべき事項が


⑦借入の有無と額  です。




具体的な例としては、

銀行から受ける事業資金の融資やカードローンのほか、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、クレジットカードでのキャッシングなどがあります。





ローンを利用していると、住宅ローンの審査で不利になると言われることがありますが、

必ずしも不利になるわけではありません。

きちんと返済し、設定している利用限度額が高額でない場合は、

住宅ローンの審査に影響しないこともあります。






一方で、消費者金融への借入れがある場合、

銀行によっては審査に不利になることがあります。

特に大手都市銀行などは、消費者金融からの借入れ(キャッシング)に対して厳しく審査する傾向があるようです。

ただし、地方銀行など一部金融機関においては、

消費者金融からの借入れがあった場合でも、審査を通過できるケースもあります。

過去に借入をしたことがあり現在は完済済みであったとしても、

キャッシング枠をゼロにしておかないと審査に影響しますので注意が必要です。





住宅ローン審査に通らない理由を把握して冷静に対処しよう


理想の物件を見つけ、購入申し込みをする際に過去の借入が原因で審査が通らない…

ということにならないよう、住宅購入を検討し始めた段階で自身ができる範囲の事前準備をしておくことが大切です。



下記コラムでは、ご自身で調査していただける「個人信用情報」の開示方法について

ご紹介しています。ぜひご活用ください。


https://www.ks-company.info/blog/entry-502833/




万が一審査に落ちてしまった場合も、すぐに諦める必要はありません。

原因を把握し、審査に通らなかった要因と推測される項目を全て洗い出し対策することで、審査を通過できる可能性が広がります。




弊社は住宅ローンに強い不動産です


・借入があることを伝えたら、他社で断られてしまった

・過去に借入をしたことがあり、住宅購入前に不安を解消しておきたい

・家族に内緒の借入があり、いざという時にローンが通るか不安

・支払いの遅延、未払いが把握できている


などお悩みの方はぜひ1度ご相談ください。


≪ 前へ|住宅ローン減税とは?~マイホームをお得に購入するために~   記事一覧   二世帯住宅の不動産は売れにくい?種類や理由・売るコツをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る