住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 二世帯住宅の不動産は売れにくい?種類や理由・売るコツをご紹介

二世帯住宅の不動産は売れにくい?種類や理由・売るコツをご紹介

カテゴリ:売却ブログ

二世帯住宅の不動産は売れにくい?種類や理由・売るコツをご紹介

二世帯住宅は、親と完全に同居するのではなく、親世帯と子世帯がお互いの生活空間を保ったうえで同居できる住宅として人気があります。
しかし、二世帯住宅は売却時には売れにくいといわれるため、建てるのをためらっている方もいるでしょう。
そこで今回は、二世帯住宅の不動産はなぜ売れにくいのか、その理由や二世帯住宅の種類、売るコツをご紹介します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


不動産における二世帯住宅の種類とは?

ひとくちに二世帯住宅といっても、さまざまな種類があります。
「完全分離型」とは、親世帯と子世帯の住居部分が、それぞれにひとつの住宅として独立しているタイプです。
玄関からお風呂、台所などの設備が完全に分かれているため、プライバシーが完全に保たれます。
分け方は、家の左右に配置するか、1階と2階の上下に配置するかなど、さまざまなパターンがあります。
「一部共用型」とは、複数の世帯で住居の一部を共有するタイプです。
典型的な例はお風呂を共有している形で、程良い距離感が保たれ、光熱費が節約できるという点から人気があります。
「完全同居型」は、同じ住宅に2つの世帯が住むタイプで、光熱費や設備が共有でき節約が期待できますが、プライバシーの確保が難しいという課題があります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したい方必見!心理的瑕疵の影響および告知義務などを解説

二世帯住宅の不動産が売れにくい理由とは?

二世帯住宅の不動産が売れにくい理由として、一般の住宅に比べて需要が低いことが挙げられます。
近年では、親世帯と子世帯との同居を希望するケースが少なくなり、二世帯住宅の需要もそれに伴い制約されています。
くわえて、二世帯住宅は建設時の工事費が通常の住宅より高額であることが一般的なため、売却時の売り出し価格も高めになりがちで、これが潜在的な購入者を遠ざける要因となります。
さらに、なぜ二世帯住宅を売りに出したのかを考える際に、住人が亡くなった可能性がイメージされ、心理的瑕疵物件と見なされがちであることも、売却が難しい理由の一つです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に知っておくべき減価償却の概要や計算方法を解説

売れにくい二世帯住宅の不動産を売るコツとは?

二世帯住宅の不動産を売る際のひとつのアプローチは、通常の住宅にリフォームしてから売り出すことです。
しかし、この方法は相当大規模なリフォームが必要であり、それに伴う費用を考慮すると、売却価格を上乗せする必要があるため、その結果、ますます売れにくい物件になる可能性もあります。
完全分離型の二世帯住宅ならば、賃貸物件として提供し、複数の世帯が入居する収益物件として売却するのも一つの方法です。
ただし、立地が良い場合は賃貸物件として利用価値がある一方で、駅から遠いなど立地が悪い場合は収益物件としての売却が難しくなります。
売却が難しい場合は、そのままの状態で専門の不動産買取業者に売却することも検討する余地があります。

▼この記事も読まれています
旗竿地は売却しにくい?売却する際のポイントを解説!

まとめ

二世帯住宅を不動産として売却しようとしても、需要が少ない、売り出し価格が高くなるなどの理由で売れにくいのが現状です。
二世帯住宅が売りやすくするには、リフォームをする、収益物件にして売り出すなどのコツを試すと良いです。
それでも売却が困難な場合は、不動産買取業者に売却することをおすすめします。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|「まさか住宅ローンが通らない?過去の借入が影響するって本当?」 ~クレジットの借入・カードローン編~   記事一覧   一戸建て住宅の外壁掃除の方法とは?汚れの原因や塗り替えのサインをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る