住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 築10年の一戸建ての売却相場はいくら?売却のコツや注意点も解説!

築10年の一戸建ての売却相場はいくら?売却のコツや注意点も解説!

カテゴリ:売却ブログ

築10年の一戸建ての売却相場はいくら?売却のコツや注意点も解説!

築10年の一戸建てを売却する際に気になるのは、いくらで売れるのか、どのくらいの期間がかかるのかではないでしょうか。
築10年の一戸建てをスムーズに売却するためにも、事前に売却相場や売却のコツを押さえておくと良いです。
今回は、築10年の一戸建ての売却相場や売却するコツ、売却時の注意点について解説します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


築10年の一戸建ての売却相場

一般的に一戸建ての売却相場は新築時点から下落しはじめ、築年数が経過するほど安くなる傾向にあります。
実際、国土交通省の「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」によると、築10年の一戸建ては新築時よりも相場が50%ほどにまで減少しています。
一戸建ての資産価値が築年数に応じて下落する理由は、耐用年数が定められているためです。
木造一戸建ての耐用年数が22年と設定されており、築22年が経過すると建物の資産価値はゼロと見なされます。
一戸建てを少しでも高く売却したいのであれば、できるだけ築年数が浅いうちに決断することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したい方必見!心理的瑕疵の影響および告知義務などを解説

築10年の一戸建てを売却するコツ

築10年の一戸建てを売却するコツのひとつとして、売り出し価格を高めに設定することが挙げられます。
基本的に買主から購入希望の申し込みが入った際には、値下げ交渉を持ちかけられるケースが一般的です。
そのため、事前に売り出し価格を高めにしておけば、多少の値下げをしたとしても希望の価格で売却できます。
また、購入希望者に少しでも好印象を持ってもらうためにも、内覧前には掃除や片付けを徹底しましょう。
そのほか、焦って売り急ぐことのないよう、売却スケジュールに余裕を持たせることもコツのひとつです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に知っておくべき減価償却の概要や計算方法を解説

築10年の一戸建てを売却するときの注意点

住宅ローン残債がある家は、原則として完済しなければ売却できません。
売却金額で完済できない場合には自己資金を使って返済する必要があるので、どのくらいの価格で売却できそうか、ローンは完済できるかを不動産会社に相談してシミュレーションしておきましょう。
不動産を売却する際、売主は買主に対して契約不適合責任を負わなければならないところも注意点のひとつです。
もし売買契約書に記載のない不具合が引き渡し後に見つかった場合、買主から損害賠償などを請求されかねません。
また、売却に際してリフォームをしてもプラスに働くとは限らないため、原則現状で売り出すことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
旗竿地は売却しにくい?売却する際のポイントを解説!

まとめ

一戸建ての資産価値は新築時から下落を続け、築10年になると約50%となります。
築10年の一戸建てを少しでも高く売るためにも、内覧前の掃除を徹底するとともに、売り出し価格を少し高めに設定する対策を講じましょう。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|◆◇中古戸建 リフォーム施工例◇◆   記事一覧   2024年1月~ 住宅ローンの減税対象が変わる?物件種別で異なる変更点|次へ ≫

トップへ戻る