住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 買ってはいけないマンションの特徴!買って後悔したときの対処法もご説明

買ってはいけないマンションの特徴!買って後悔したときの対処法もご説明

カテゴリ:不動産ブログ

買ってはいけないマンションの特徴!買って後悔したときの対処法もご説明

サラリーマンや公務員にとって、マンションを購入するのは一生に一度の大きな買い物かもしれません。
マンションのなかには買ってはいけない物件もあるので、購入にあたっては見極めが大切です。
この記事では、買ってはいけない物件の特徴や買ってから後悔したときの対処法などをご説明するので、マンションを購入予定の方はお役立てください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


買ってはいけないマンションの特徴

借り物の土地に建つ定期借地権付きの物件は、購入代金に土地代が含まれないため、一般の物件に比べて約2~3割安くなります。
ただし、購入後は地代を支払い続けなければならず、借地権の期間終了時には土地を更地にして返却する必要があり、財産を残すことはできません。
マンションの場合、住民は管理費や修繕積立金を月々支払い、建物の修繕や改修をおこないます。
修繕時に積立金が不足している場合、不足分の費用を徴収される可能性があります。
管理費や修繕積立金が不足すると、事前に試算された場合には途中で費用負担が増加することもありますので、購入前に積み立ての状況を確認することが重要です。
そのほか、住民のマナーにも注意が必要です。
トラブルの原因の半数以上は、居住者間のマナーに関連していると言われています。
住人のマナーが悪い物件は、購入を避けるべきでしょう。

▼この記事も読まれています
マイホームを購入するときの頭金とは?注意点もご紹介

新築マンションを買ってはいけないといわれている理由

新築マンションの価格には、売主の利益や物件代だけでなく、広告費やモデルルーム代なども含まれています。
そのため、購入後は中古として売られる際に資産価値が通常2~3割程度下がることが一般的です。
さらに、多くの住人が同時に入居することから、他の住人や管理体制の質を確かめることが難しい状況があります。
間取りや内装も2、3種類のパターンからしか選べない場合や、高価なオプション代金が必要な物件が多いのが実態です。
そのため、カスタマイズ性を重視する方にとっては、満足度が低くなる可能性があります。
一方で、中古物件をリノベーションして購入する方が、理想を実現しやすいでしょう。
購入価格が安く、改装によって自分の好みに合わせることができるため、ニーズに合った住まいを手に入れることができます。

▼この記事も読まれています
所有する不動産を担保に資金を借りる!リバースモーゲージについて解説

マンションを買って後悔したときの対処法

設備や内装、間取りに不満があり後悔した場合、リフォームで問題を解決できる可能性があります。
建物の構造によって手を加えられる範囲が異なり、なかには間取り変更が可能なケースもあります。
ただし、改善が難しい場合は、思い切って売却を検討することも一つの選択肢です。
新築の場合、売却価格が大幅に下がる可能性があるため、注意が必要です。
賃貸することも考えられますが、住宅ローンがまだ残っている場合は金融機関に相談が必要になります。
金融機関には、賃貸向けのローンに変更できるようにお願いすることができます。
適切なアドバイスを受けながら、状況に合わせた解決策を見つけることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入に適した年収とは?予算の考え方や返済についてご紹介

まとめ

買ってはいけない特徴があるマンションを購入すると、暮らしてから快適でないと感じはじめるなど、きっと後悔するでしょう。
そうならないためにも、購入前に住人のマナーのほか管理費や修繕積立金の状況なども確認し、良好な物件を選んでください。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|3階建て物件の売却は難しい?特徴と売却成功のポイントを解説   記事一覧   固定資産税の建て替え特例とは?要件と注意点を知っておこう!|次へ ≫

トップへ戻る