住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 3階建て物件の売却は難しい?特徴と売却成功のポイントを解説

3階建て物件の売却は難しい?特徴と売却成功のポイントを解説

カテゴリ:不動産ブログ

3階建て物件の売却は難しい?特徴と売却成功のポイントを解説

一戸建ての物件の売却について、とくに3階建てを売りに出そうと検討している場合はいくつか確認しておきたいポイントがあります。
的確にポイントを押さえた売却に努めることで、物件が売れにくくなったり自分が思っていた額よりも少ない額での売却となってしまうリスクを減らしましょう。
3階建ての家の売却を検討している方に向けて、その特徴や売却しにくい理由、そして売却する際のポイントについて解説します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


3階建て物件の特徴

3階を有する家屋は駅周辺に多く立地している傾向があります。
都市計画法としての土地の用途では、主に住居系、商業系、工業系に分類され、駅周辺は商業系の土地に分類される場合が多いです。
商業系に分類される物件については、敷地面積に対して立てられる家の面積の割合である建ぺい率、敷地面積に対する延べ床面積の割合である容積率が住居系よりも高い値が認められています。
すなわち、駅周辺の土地は敷地面積が小さい場合もありますが、商業用の土地であれば延べ床面積を広くし、三階建てにすることで居住スペースの確保が可能となります。
したがって、商業用土地に分類された駅周辺の狭めの土地に、3階の家屋が分布しやすくなっているのです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したい方必見!心理的瑕疵の影響および告知義務などを解説

売れにくい理由

しかし、3階建ての物件は市場では思うように売れないことも。
その理由のひとつには値段が関係しており、相場がどうしても高くなってしまいます。
わざわざ高い値段を支払うくらいなら、一般的な二階建ての物件を購入しようと判断する人が多くなってしまいます。
さらに特殊なスペースが設けられている場合も売れにくくなる傾向があるでしょう。
3世代で居住するために各階で居住空間を分割していたり、最上階を展望スペースにしている場合などはスペースの用途が限られてしまう可能性があり、購入したいと思う人が減ってしまいます。
間取りは極力シンプルなもののほうが売れやすくなります。
ランニングコストの点では、二階建てよりもリフォーム代が高くなってしまう場合多いようです。
安価で買えたとしても、その後の負担を考えて購入を控えてしまうこともあるのです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に知っておくべき減価償却の概要や計算方法を解説

3.売りに出す上でのポイント

3階建ての物件を売りに出す際は、できる限り売主の希望に沿った形で売却を進められるようにいくつか気を付けたいポイントがあります。
一つ目は買い手に安心材料を提供するために、耐震診断の実施することです。
建築士や土地家屋調査士などの専門家が診断を実施し、報告書を作成する形で診断を進めます。
また、業者側に物件のメリットをあらかじめ伝えておくことも有効です。
「眺望が良い」「収納スペースが確保できる」といった魅力を宣伝する形で買い手にプラスの価値を与えます。
リフォームなどにより付加価値が出る物件であると判断した場合、高く買い取ってもらえる可能性があります。

▼この記事も読まれています
旗竿地は売却しにくい?売却する際のポイントを解説!

まとめ

3階建ての物件は駅周辺の商業地域に多く見られ、敷地面積が小さくても広い居住スペースを確保できますが、価格が高くリフォーム費用もかさむため売れにくいといえるでしょう。
特殊なスペースが設けられていると売れにくく、シンプルな間取りの方が好まれます。
売却時には耐震診断をおこない、物件のメリットを強調することで買い手に安心感を提供し、高価買取を期待できます。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|リノベーションの見積もりを取るときの注意点は?事前準備やポイント   記事一覧   買ってはいけないマンションの特徴!買って後悔したときの対処法もご説明|次へ ≫

トップへ戻る