住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産のAI査定は信用できる?仕組みとメリット・デメリットを解説

不動産のAI査定は信用できる?仕組みとメリット・デメリットを解説

カテゴリ:不動産ブログ

不動産のAI査定は信用できる?仕組みとメリット・デメリットを解説

不動産の売却を考え始めたとき、やはり一番気になるのは、所有する不動産がいくらで売れるのかということでしょう。
そんなとき、AI査定を使って手軽に査定額を知ることができますが、どの程度正確なのか、疑問に思いうことはないでしょうか?
そこで今回は、AI査定の仕組みと、メリット・デメリットをご紹介します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


AI査定の仕組み

AI査定とは不動産の査定を人間ではなくAIがおこなうという査定方法です。
過去のデータや近隣の不動産の価格などを分析したうえで、迅速に不動産の価値を計算してくれるシステムです。
この査定方法は、それぞれのシステムが蓄積している過去の取引データを参照し、そこから推定される成約価格を査定額として計算します。
その際には立地条件やマンションの築年数、階数や方角などの条件も考慮され、データを元に査定額が出るという点が特徴です。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したい方必見!心理的瑕疵の影響および告知義務などを解説

AI査定のメリット

AIによる査定にはたくさんのメリットがあります。
まず、時間が短いという点です。
基本的には、オンラインで質問に答えながら査定依頼フォーマットに入力すると、早ければ数十秒程度、長くても数分程度で査定額が計算されます。
オンラインを使った不動産の一括査定でも半日から1日程度はかかることが多く、プロの不動産鑑定士に依頼すると1週間程度かかってしまうことは珍しくありません。
短時間で計算できる点はAIがおこなう査定の最大のメリットと言えます。
次に、自分一人で完結できる点です。
他人とのやりとりがないので、売却する予定はないけれど査定額だけを知りたいという方にとっては、この点は大きなメリットです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に知っておくべき減価償却の概要や計算方法を解説

AI査定のデメリット

手軽に査定額を知ることができるAI査定ですが、実際の売却価格とはやはりいくらかの乖離があります。
不動産会社が査定額を出す場合は、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営する「レインズ」というデータベースを利用します。
ここには、過去にどんな不動産がいくらで売買されたのかが記録されているのですが、AI査定ではレインズのデータを利用できません。
また、周辺の施設に対する利便性なども反映されないため、AI査定が買主側の需要を査定額に反映できるとは限りません。
実際の売却価格に近い査定額を算出するには、不動産のプロが現地確認して物件の実際の様子を確認する、訪問査定が最も精度が高いということになります。

▼この記事も読まれています
旗竿地は売却しにくい?売却する際のポイントを解説!

まとめ

AI査定は手軽に不動産の価値を査定する便利なツールです。
短時間で、参考程度の査定額を算出するのには向いていますが、実際の売却価格とは乖離があります。
個別の物件の状況を査定額に反映させるには、人の目で見る必要があるのが現状です。
寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK'scompanyにお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|中古一戸建てを購入する際にかかる初期費用を把握しておこう   記事一覧   ☆企業体験実習生の方の感想です☆|次へ ≫

トップへ戻る