住宅ローンに強いK′s company株式会社(ケーズカンパニー) > K’s company株式会社のスタッフブログ記事一覧 > エレベーターなしの中古マンションは住みにくい?特徴をご紹介

エレベーターなしの中古マンションは住みにくい?特徴をご紹介

カテゴリ:不動産ブログ

エレベーターなしの中古マンションは住みにくい?特徴をご紹介

階層の多いマンションには基本的に階段が設置されていますが、エレベーターはある物件とない物件があります。
エレベーターなしの中古マンションは生活しにくいように思えますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は、中古マンションにおけるエレベーターの設置基準や、エレベーターなしのメリットとデメリットについてご紹介します。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


中古マンションにおけるエレベーターの設置基準

階段はあってもエレベーターがない物件はマンションにおいて少なくありません。
マンションに対するエレベーターの設置基準として、よく用いられるのは建築基準法に定められた高さです。
高さ31mを超える建物は、火災時の消火活動で素早く移動する必要があるためエレベーターを設置しなければなりません。
これは、階層で言えば6階または7階建て以上の建物を指します。
そのため、6階以下の中古マンションの場合はエレベーターがない可能性が高いです。
一方で、近年ではバリアフリー化の観点から比較的階層の低い物件にもエレベーターを設置する場合が増えています。

▼この記事も読まれています
20坪~40坪の土地に建てられる家とは?広さや間取りをご紹介

エレベーターなしの中古マンションのメリット

エレベーターなしの物件のメリットは、エレベーターのメンテナンスにかかる費用を請求されないことです。
エレベーターがある物件の場合、エレベーターのメンテナンスに必要な費用が管理費として徴収されます。
エレベーターなしでも管理費自体は徴収されるものの、設置されている場合よりは安くなるためお得です。
また、エレベーターがないと利便性が落ちる分物件価格自体が安くなります。
階段での移動が基本になるため、運動不足の解消にも役立ちます。
なるべく費用を抑えたい場合や日常に運動を取り入れたい場合は、エレベーターなしの物件がおすすめです。

▼この記事も読まれています
一戸建ては売るのと貸すのどっちのほうがメリットが多い?

エレベーターなしの中古マンションのデメリット

エレベーターなしの物件のデメリットは、引っ越しの費用や手間が増えることです。
引っ越し会社の多くは、引っ越し先にエレベーターがあるかどうかで料金を変えています。
エレベーターがないと荷物を部屋まで運ぶのにより多くの人員や労力が必要なため、料金が高くなりがちです。
また、大きな家具を購入した場合、搬入に必要な料金を上乗せされる場合もあります。
家具の大きさによっては階段を通過できず、部屋に運び込めないこともあるかもしれません。
さらに、エレベーターがない物件は利便性が低い分売却しにくいため、将来の売却を見越している場合は向きません。

▼この記事も読まれています
一戸建てのインターネット契約方法!種類や期間をご紹介

まとめ

エレベーターなしの物件は6階以下の中古マンションに多く、階段での昇り降りが中心になります。
利便性が落ちる分購入価格は安くなるものの、将来的には売却が難しいため注意が必要です。
日常的に運動できる環境がほしい方、毎月の出費を抑えたい方にはエレベーターなしの物件が向いています。


寒川町の不動産を購入するなら住宅ローンに強いK′s company株式会社にお任せください。
住宅ローンに関するご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

K'scompanyへのお問い合わせはこちら


K'scompanyの写真

K'scompany メディア編集部

寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市のK′s company株式会社(ケーズカンパニー)です。 弊社はマンション・一戸建て・土地などの不動産情報を多数有しております。 今後も有益な情報をお届けできるよう、不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|2024年1月~ 住宅ローンの減税対象が変わる?物件種別で異なる変更点   記事一覧   フラット50の住宅ローンとは?フラット35との違いやメリットも解説!|次へ ≫

トップへ戻る